英語学習に必要な豆知識

  例えば「R」と「L」、独学では多分、聞き分ける切っ掛けすら…見つけた教材が頼れるかすら判りません。
  want toは「ワナ」と読む?そんな能率悪い勉強法をしていたら酷い遠回りをする危険性があります。
  'a'と'the'はどう使い分けるのですか?・・私は30歳過ぎた頃でも日本人からこの回答をスッキリ聞けた事がありませんでした。
  このサイトは、英会話学習をなんとか能率的にコツコツと・・と言う方達の為に。自分で回答を探したら酷い時間が掛かるような 勉強法のアイデアや豆知識を集めたサイトです。
  ちなみに、これらのアイデアや豆知識は、私の運営する飯田橋の「初心者マンツーマン英語CozyETF」の授業にて、 生徒様に喜んでもらえたものばかりを集めています。

以下、ご興味ある独学勉強法、豆知識をクリックして覗いてみて下さい。
また、こんな事を教える授業に興味がありましたら、是非飯田橋のマンツーマン英語CozyETFにお越し下さい。
チェック欄学習法・豆知識名課題とする問題と、
それに対する学習法・豆知識概要
サンプル   
≪こちらは、利用法を知ってもらう事を兼ねたサンプルです。≫

結婚してるの?と英語で?

  この項目をみるには、練習としてID「1234」パスワード「5678」を入力してご覧ください。

  
≪こちらは、利用法を知ってもらう事を兼ねたサンプル項目です。≫

  marry:「結婚する」と言う英単語は皆さんご存知です。
では「あなた、結婚してるの?」と英語で聞くなら?
"Do you marry?" ブッブーッ
"Are you marrying?" ブッブーッ
・・とその答えは?と言う疑問です。
  ←全項目閲覧可能ID(こちらを購入頂くと、後に新しいアイデアが追加されても全て見る事が出来ます)   このIDを購入すると、どのページでも全て自由にご覧になる事が出来ます。
  RN英単語記憶法   これこそ生徒さんに、書籍出版を勧められたキッカケの英単語記憶法です。
形容詞の記憶には特に役に立ち、何より、英語に全然携わらない日常にも英単語を思い出す キッカケを作れるのが多いに利用価値のある独学記憶法です。
  身の回りで意識していなかった英単語を見つける方法   これはジャパニーズイングリッシュ化している英単語を見つける方法ですが、中でも 必ずこれは知っていて欲しい単語や見つけ方を紹介します。
  何故コンピュータは Computerであって、Conputerとはつづらない?   韓国人さんなら小学生でも疑問に思わないのに・・。でも私が思うに、この綴りを間違えて -1点されるのは、もし教えていなかったらその先生かも知れません。
  RとLの聞き分け方   ここでは、言語音域の狭い日本人でも、80%程度まですぐにRとLを聞き分ける方法を「2つ」ご紹介します。
  最初に断っておきますと、聞き分け率100%になると言っている訳ではありません。
そもそも聞き分け率を語る以前に、発音する人が、必ずしも、ここで語る2つの発声方法に準じた発声をする方なのかは 判りません。ただ、私の初心者マンツーマン英語CozyETFでは、多少わざとらしくやればほとんど聞き分ける事が出来るようになっています。   
  「楽しみにしています」はingがいらない?
  「私はその映画を楽しみにしています。」と言うなら、「~ています」なので現在進行形、"I'm looking forward to.."でないの? と思うと、これは"I look forward to"です。えっ!?何で?と思ったらこのページを覗いてみて下さい。
  最初に学ぶのにお勧めの2英単語・その1
  恥ずかしながら、当サイト作成者は日頃英語を教えているにも関わらず、暗記が大嫌いです。   しかし、嫌いだからこそ、いつでも常に近道を探していました。
ゴロ合わせの英単語暗記も素晴らしいです。語源による英単語暗記も素晴らしいです。と、どの暗記法を使うにしても、 最初に覚えておけば、その後の能率がグッと上がる2つの英単語・・そんな話をさせてもらっています。
  この項は、その必ず学びたい英単語、「その1」です。
  最初に学ぶのにお勧めの2英単語・その2
  上記の「必ず学びたい英単語、「その1」に比べると、私はこちらはさらに重きをおいています。
  今まで、既に知っていた英単語にさえも、「えっ!?だったら意味を覚える必要すら無かったの?」とすら思ってもらえたら とても嬉しい限りです。
  inとatの違い
  学生の頃、'at'と'in'の違いに関してはどのように習っていましたか?
一応テストで点を取る為に、教科書を丸暗記していましたか?私は、「大きい場所にはin」 「小さい場所にはat」と大ウソを習っていました。   このページでは、2つの使い方をハッキリ述べています。
  aとtheの違い
  英会話を教えていると、'a'と'the'の使い分けに関しての質問は後を絶ちません。
  正直なところ、筆記テストでこの使い分けを問うような質問は難しいのでは ないでしょうか?でも、「会話」のシチュエーションであれば、その答えは明確ですよ。
  一般動詞の最後に付く'-s'や'ed'の正体
  主語がIやyouなら 一般動詞はそのまま、HeやSheなどの3人称なら一般動詞の最後には'-s'を付けろと習いました。
でもこの'-s'の正体は何?
  see, watch, look atはどう使い分ける?
  see, watch, lookはどれも「~を見る」と訳せます。しかし、この使い分けは私の学生時代は 教わりませんでした。だから皆、定期テストを切り抜ける為に、どれを使っていたのかを丸暗記していたのかも 知れません。でも、これら3つの違いをここで明確に、図解で説明します。
  「t」の発音方法とは?
    want toは会話では「ワナ」と発音される事が多い・・(汗)。確かにそうなんですが、 そんな説明をしていると、littleは「リロル」、laterは「レイラー」と、キリが無くなってしまいます。
その前に、「t」と言う発音自体を見直しませんか?
  THEを「ザ」と「ジ」って、話す速さでどうやって言い分けているのでしょう?
    The seaなら、「ザ・スカイ」と言っていたのに、The earthは「ジ・アォース」・・
そもそも、英語圏の方は、どうやって話す速さでこれを言い分けてるんでしょう?
  ましてや、頭文字が母音なら「ジ」と読みますなんて、次に喋る単語を予期しながら喋るなんて おかしくないでしょうか?
  as far asとas long asの違い
    as far as...「AがBする限り」と習いました。as long as...「AがBする限り」・・? この2つは同じでしょうか?いいえ違います。
  この項では、上記2つの使い分けに関して説明します。
  「現在形」と言う言葉が学生を混乱させていませんか?
    その昔、"I brush my teeth."と言う文があったら、「私は歯を磨きます」と習いました。
  現在、私は歯を磨いていますか?磨いていたら口から泡がこぼれそうです。
  私はこの「現在形」と言う言葉は学生を混乱させているのではと思っています。
  speak, tell, talkの違い、絵に描いてみればこんなに単純
    学生の頃、speak, tell, talkの違いをキチンと説明してくれた先生、適当にやり過ごしていた先生、 様々だったと思います。皆さんの先生はいかがでしたか?
  この項では、判り易く図で説明しています。難しい図ではありません。
  ただ、そのくらい、speak, tell, talkの違いなんて簡単に説明が付くものだったのです。